美しき日本(Beautiful Japan)は、大正、昭和初期に、日本が行った外客誘致の為の対外キャンペーンタイトルでした。1917−18年、ロシア生まれでアメリカ国籍のユダヤ人映画人、ベンジャミン・ブロツキーは、鉄道院の後援のもと日本全国を周り、日本紹介映画「美しき日本」を撮影しました。このサイトは、私、岡田正子が、未完に終わった映画作品「美しき日本」と、ロシア、イギリス、アメリカ、中国、日本と沢山の国々を股に掛けた波瀾万丈、かつ謎に満ちたベンジャミン・ブロツキーの生涯を探求した成果を掲載したものです。随時、画像も貼って参りますが、何分、相当なボリュームなので、ごゆっくりご覧ください。ご意見・ご感想聞かせていただけると嬉しいです。

BEAUTIFUL JAPAN キャンペーンのポスター
This is a full color poster made by the Ministry of Rail Road in 1930 to attract foreign tourists. 7000 copies released to the United States and 2000 copies to the European countries. The artist is YOSHIDA Hatsusaburo.


Short Summary

Beautiful Japan is a national campaign title to attract foreign tourists after WWI period. In 1917-18 Russian born Jewish American cinematographer Benjamin Brodsky tripped all over Japan and filmed "BEAUTIFUL JAPAN" supported by Japanese Imperial Railway. This site is a result of intensive research on unfinished film "BEAUTIFUL JAPAN" and Benjamin Brodsky himself by the author, OKADA Masako. 

copy right: 1999, OKADA Masako, Tokyo All Right Reserved
掲載開始:2000.01.05. 最終更新:2001.08.15.
wall paper courtesy of
Kiyohdou


目次へ

RETURN TO THE TOP PAGE