ストックショット・ライブラリー .
TokyoCinema Stock Shot Libraries

  

東京シネマ新社では一貫して、時間の経過による風化の少ない、良質の科学映像の記録に努めて来ました。
完成作品には使用されなかった未使用映像も、異なった観点から検討すれば、資料映像として有効に活用
できます。また当社は、自社のTV番組やビデオ作品の製作のため、海外の優れたストックショットを積極的に
利用・収集してきました。ご利用しやすいようシステムを改訂しました。

デジタル化された作品で権利関係がクリアーされた作品は、NPO法人「科学映像館」のウェブサイトに公開され
ています。これらの作品の部分使用については、まず当該作品のウェブページで、具体的に使用希望部分を
おおよそでも決めてからご照会ください。

最終更新 2016.09.27.


特に充実している分野:

北海道東部の自然、動物に関する映像
海棲無脊椎動物の映像 特にクラゲなど
「日本の音風景100選」関連映像

カザフスタンなど中央アジアの自然
北方民族の映像


豊富な経験と蓄積が、当社独自のストックショット・ライブラリーを可能にしました。

ストックショット・ライブラリーのメリットは、次のような点にあります。

1) 短期間では、撮影不可能な映像を能率良く合理的な価格で提供できる。

2) 新規撮影に不可避的な不確実性を排除し、予め取り決めた使用料を最終的な使用量に対して支払うことで、手堅い製作管理と
予算施行を可能にする。 

資料整理が完了したライブラリーは、自然ものを中心にaviファイルで保存されています。aviファイルは、Canopus HQコーデック
で管理されています。それを必要な部分切り出して、弊社サーバーにアップロードして、当該URLをお知らせしてダウンロードして
いただきます。Canopusコーデックを読めない編集ソフトをお使いの方には、希望ファイル形式をお知らせいただけば切り出しに
あたってファイル変換を行います。

事前に希望箇所が特定できない場合には、タイムコード入りのWMVファイルをアップロードして、プレビューしていただきます。

当方のメディアに入れての提供はいたしません。ダウンロードでなく、メディアに入れての提供をご希望の方は、発送先を記入
された着払い伝票とともに、収録メディアをお送り下さい。現在対応可能なメディアは、HDV、DVcam、DVD-R、BD-R、CD-R、
USBメモリー、SDカードです。またマスターテープの貸出しはいたしません。

提供映像は、合意した使用目的以外には、使用できません。事後責任を持って素材映像の消去されることをお願いしております。
過失により、当方に無通告で、無断使用を行った場合、判明した時点で、当初合意使用単価のの10倍の実使用額を請求させて
いただきます。

映像使用料は、実使用秒数 20秒までは 出庫料(上記のような候補映像の切り出し・アップロードなどの作業費) 25,000円+最低使用料(基準単価
の20秒分)

実使用長さ20秒以上は 出庫料+合意基準単価Xご使用実秒数)
をご精求後、1ヶ月以内にお支払いいただきます。特別な事情が無い限り、この規定がお守りいただけない場合は、提供をいたしかねます。


Go to        料金表 

Return to the Top Page